貸事務所契約時に注意しておくと良いポイント

現在、日本経済の景気回復の傾向に伴い貸事務所の需要が徐々に高まっています。貸事務所の物件選びや契約にあたっては住居用物件とは異なる点や複雑な点があるため、事前の確認を十分におこなうことが入居後のトラブル回避のために重要となります。契約をすすめる際には細かいチェックリストなどを作成してひとつひとつ確認していくのが賢いやり方だといえます。また、契約に関わるルールや形態も年々すこしずつ変化しているため過去の経験に基づいた判断をしてしまわないように注意しましょう。特に住居用物件の賃貸契約と異なる点は敷金の額です。貸事務所の敷金は賃料の10か月程度が必要な場合があり住居用物件と比較するとかなり高額になります。そのため、貸事務所契約にあたっては敷金の返還ルールや規定について不透明な記載がないことをきちんと確認しておくことが重要です。退去時に物件についた傷の修理代や汚れのクリーニング代が非常に高額にならない限り、敷金は基本的には契約解除時に返還されるはずです。

新潟 一戸建て